Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ フランス外交官との鍋
2006年02月27日 (月) 編集 |
先週末。
外務省から大学の教職に転じた知人より受けた招待。
フランスの外交官との鍋。

フランスという国。
世界史が好きで、読書が好きで、映画が好きなので、
”知っていた”。

しかし、話をする機会はほとんどなかった。


”ドイツとの友好も、旧植民地との対話も、移民問題の解決も、とてもとても難しい、でも決して諦めない”

ワインと、日本酒を交互に口にし、
互いにほろ酔いなった頃、
一等書記官が話しかけてきた。

一つ気付いたことがあった。
”ノーブレス・オブリジェ”に対する意識がとても自然体に感じられた。とても心地良く。

数人のフランス人達、
フランスという国家だからなのか、個人の性質なのか、
その両方に起因するのだろうけれど、
風のように自由な、やわらかな人達。


同じ鍋を囲んだ仲間。
知的興奮に満ちた三時間。
二日経ち、興奮は未だ覚めない。


スポンサーサイト
# | 2006/02/27 01:10 | フランス | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。