Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 備忘録:異国の上空で浮かんだこと 6 為政者の責任
2006年02月07日 (火) 編集 |
戦争行為は、外交行為。らしい。
しかし、コストパフォーマンスはどうか。リスクとリターンは釣り合うのか。

戦争に負けるリスク。
心が荒むリスク。戦う側も、その相手も。回復にどれだけ掛かるか。
戦争に勝っても相手の心は克服できない。

為政者は、絶大な責任がある。
人に夢を与えるロマンチストであり、人の夢を守るリアリストでなければならない。


リアリスト。
反戦と非武装は違う。とか。そういう認識を避けない。
仮想敵を作るやり方は、下のやり方かもしれない。でもリアルワールドを忘れないこと。

血と涙に鈍感にならない。
体感しないと、忘れてしまうのかもしれない。
忘れかけているからといって、血と涙を試したくなる気持ちが出てくるような為政者は、適性がないから為政者を辞めるべき。

宣戦布告の快感に踊らされない。
そしてそもそも、強盗行為への説法なんてものを過信しない。
スポンサーサイト
# | 2006/02/07 00:56 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。