Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 愛国主義者かつ超国境主義者
2006年01月21日 (土) 編集 |
愛国主義者かつ超国境主義者。ちなみに無国籍主義者ではない。

論理が理解できないという戦コン的なつっこみ(=生産性のない邪魔を指す。生産性のある論理的つっこみは必要)をするつまらない人間には私の言動は永久に理解できない。
考える作業を止めて初めて感じることもある。もちろん思考の蓄積が感性を誘発しているかもしれないが。

止揚という言葉。
正反ぶつけあい、融合させる、次元を高める行為。

もやもやと繰り返してきた内燃機関のサイクルは、
今日新しい段階に辿り着いた。

哲学を語るのは老齢でないと説得力がない。
来るべき時まではとにかく結果を出す。
論理よりも強い力が哲学に基づく行為。
とにかく30年後にこの軌跡は必ず筋の通った一本になる。

自分の中の燃え滾る原動力が、すーっと体を突き抜けた。
ヨガをしていて頭から青い気が上昇する気分になるのと似ている。

中国内陸部。喧騒の中、ふと、本当にふと、到達した心理。
ぶれることの無い真理。






スポンサーサイト
# | 2006/01/21 01:50 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。