Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 早稲田大学でセミナー開催(中国企業法務の論点解説)
2005年10月12日 (水) 編集 |
とある、急成長を遂げているベンチャー企業の社長は悩んでいた。
国内市場は飽和している。
海外市場展開の割合を大きくしたいが、どうしたものか。

今までの、商品力の強さに任せてきた営業手法も限界か。
じっくりと相手に納得してもらえるような、コミュニケーション重視のやり方にしないと、新規の顧客は獲得できないようだ。

社長は実は語学がからっきしダメ。幹部社員も皆旧知の仲間、語学がダメな連中だった。

そんな中、ある日、社長は学生アルバイトの面接に立ち会った。
願ってもみない、語学堪能な女子大生が現れた。
即採用を決め、自社事業の有能な伝道師とすべく、社長自ら英才教育を施すと決断した。

彼女は要領が良く、みるみる事業ノウハウを吸収していった。
社長は満足だった。
社長は彼女を国際貿易部長に抜擢した。ベンチャーとはいえ、異例の人事。
実は、能力の高さと共に、彼女の美貌、そしてその笑顔に心踊る毎日を楽しみたかったのだった。

やがて月日は過ぎた。
そして社長はまた悩み出した。
ここのところ、どうして海外事業の売上げが減少しているのか。

ついに原因を突き止めた。
どうやら、国際貿易部長が顧客リストを横領し、競合製品を裏で販売しているようだ。彼氏と結託して。

しかし時、既に遅し。
件の彼女は異変を感知し会社を辞めた後だった。


以上は中国での実話。
さて、泣きながらやってきた社長の相談に乗った弁護士は打ち手を考えた。

まずは不法行為のかけらを集めて、”行政ルート”を使い彼女の自宅に捜査に入った。
そこで決定的な証拠を押さえ、身柄も拘束した。

その後、”司法ルート”を使い、法廷で彼女を裁いてもらった。
刑法に加え、不正競争防止法に基づく有罪が確定となり、損害も食い止められた。


そう、中国には日本にはない法制度が存在する。
”行政ルート”、だけではない。

プロのビジネスパーソンであるならば、然るべきFS(フィジビリティスタディ)をしながら海外市場を狙うべきであろう。
中国にて起きる日本企業のトラブルの多くは未然に防ぐことができる、そして、もっと多くの日本企業が外資向けの優遇環境を
享受しながらビジネス展開をできるはずだ。

これは中国で杯を何度か交わす中で懇意になり、早稲田大学にセミナー講師として私が招聘した陣弁護士の意見。
上記事件は陣弁護士の勝訴案件。
この他にも盛りだくさんであった講義内容は参加者の方に好評を博し、大成功に終わった。

司会者として、超一流の弁護士の鋭利な応答を目の当たりにし、いただいたご縁に本当に感謝した。
(前日ギリギリまで講義内容を詰め込んでいた私は、自分が法学部であったことを久し振りに思い出した)

さて。打ち上げに選んだ場所は歌舞伎町。
薄暗い通りに強烈な桃色のネオン。
わずか30分の間に声をかけてきた客引きの中に何と3人も中国人がいた(認識できただけで)。

「日本の法律家もきっと苦労しているんだろうなあ。」
陣弁護士の大物ぶりがまたよく分かった。思考回路が早いし達観している。


(ビジネスで中国進出を考えていらっしゃる方、ご一報いただければ知的興奮に満ちた世界をご案内差し上げます)

参考リンク:
・株式会社サーチナ提供関連記事 
・株式会社ネクステージ提供、当日のレジュメ 
スポンサーサイト
# | 2005/10/12 02:58 | 中国 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。