Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 日本人に戻る
2005年12月12日 (月) 編集 |
たったの一ヶ月ではあったが、仕事で外国に滞在、日本人とはほとんど会わない環境に。
妙に日本らしい空間に焦がれていた。

等々力渓谷に向かう。
自転車を漕ぐ、漕ぐ。
自宅から30分で、都心とは思えない絶景。

日の暮れた後。
渓谷に沿っている等々力不動尊を訪れる。

不動尊信仰は密教伝来より始まる。
密教はインドのバラモン教の要素も含んだ仏教の一派であり、中国に伝来。
その中国で途絶えそうになっていた秘教を平安時代、最澄、空海が日本に伝える。
護摩を焚いたり、まじないのようなところがあったり、神秘主義的、官能的でさえある秘教である。

以後1200年。
異国の文化・文明を昇華させ、至高の水準に高める、日本らしい姿をみた。
元来の形を留めつつ、とても洗練されている。”かもしれない”という推測の域を出ないが、おそらくこの仮説は正しい。
何より、厳かで、浄い気持ちになるのは、時の洗礼を経てきた、何か本質的な力があるからだと思っている。

そして。
日の沈んだ渓谷から感じる感覚は”山が息をしている”。
自然との一体感。八百万の神。
それもまた、極めて日本らしい価値観だと実感。






スポンサーサイト
# | 2005/12/12 01:35 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。