Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 人間の能力③ (メモ)
2006年12月03日 (日) 編集 |
たまごが先か、にわとりが先か。

はっきりとした白目は人間にしかない。

確かにサルの白目部分はよく見ると茶色、
犬の白目部分は狭くほとんどない。

コミュニケーションを取るために進化したというのが定説らしい。
目配せで人間はコンタクトを取れる。本能的に。
3歳にも満たない乳幼児でさえ、目の表情や視線で物事を判断している。
ガッツ石松氏はボクシング対戦中に視線をとんでもない方向に移すと、相手もそれを一瞬追うことを発見し、作戦に取り入れたと聞いたことがある。よそ見をした瞬間に攻撃する。本能的に本能を知っていた例である。

しかし、コミュニケーションを取るために進化したのか。
このために、というのが気になる。
最初からコミュニケーションを取っていて目の構造が変わったのか。
最初からこの形で完成していたのではないだろうか。

些細な事実から人間の神秘を感じてしまう。


ところで、余談だが日本人男性の人気が爆発しないのは、
目を伏せる文化の影響ではないかという仮説を提唱したい。
白目を使ったアイコンタクトが、確かにない。
目を見て話す行為は一般的でない。



参考:
解体新SHOW(夜中眠れずに偶然見たNHK番組)より
スポンサーサイト
# | 2006/12/03 10:16 | 日本 | Comment (2) Trackback (0) |
■ Comment
みつけた・・・・かな?
みんな心配してぞ~。
忘年会は無事終わりました。
うちらのこともわすれないでね。
2006/12/12(火) 14:14:41 | URL | 宮崎娘 #t50BOgd.[編集]
・arigatou
嬉しいね。ありがとう。仲間。
2006/12/12(火) 22:33:33 | URL | tatalantino #-[編集]
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。