Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ ぐりこ、ちよこれーと、ぱいなつぷる
2006年11月30日 (木) 編集 |
まだ十歳にも満たないころ、階段にて。

ジャンケンをして勝者は、
 グー  → ぐりこ(3字)
 チョキ → ちょこれーと(6字)
 パー  → ぱいなつぷる(6字)
と各文字の分だけ進みゴールを競う。

おそらくは私の育った関西だけではなく、
日本全国で行われてきた子供の遊び。


このゲームは奥が深い。

勝負の結果は、
 2人では → 9通り (3×3)
 3人では → 27通り(3×3×3)
 4人では → 81通り(3×3×3×3)
となる。

進み方は、
 3人以上では複数の勝者が進むこともできる
 ”あいこ”だと皆進めない
 パーとチョキは6段進めるが、グーは3段しか進めない
など、さらにルールがある。


子供は、直感でゲームの本質を見抜く。
直感で遊ぶ。


人間は直感で動いているとすると。
子供の遊び方を思い出すことで我々を司っている何かを垣間見ることもできるかもしれない。

例えば、
グー、チョキ、パー、それぞれ参加者に選択肢が3つあっても、
ほとんどのプレイヤーは、ランダムに自分の選択をする。
グーだけ3字で、著しく不利なのにそれを排除しない。
目先で前に進むことしか頭にない。

何人かは公平なはずの確率論がグーによって歪んでいる事実を直感する。
けれどもグーを回避し続ける者は稀である。
なぜなら仲間達が容易に同じ意識になることを知っていて、自分だけがグーを出さないことはルールには則っているのだが、ゲームの雰囲気が壊れることを分かっているから。
それでもグーしか出さないで勝負にこだわる者もいる。

ゲームが佳境を迎えると、急に駆け引きが許されるようになる。
グーで2回勝つことやチョキとパーで1回勝つこと、
複雑な状況をそれぞれのやり方でラストスパートする。

一方で駆け引きなど全く興味がなく、最後まで自分の出したいものを適当に出してゲームに負けても幸せな者もいる。


…。
これは人間の本質なのか、同じゲームをしても世界的に同じ結果なのか。
親しい仲間同士と、一回しか遊ばない者同士だと結果は違うのか。

この日本の遊びは日本のカイシャシステムとの類似性さえ感じる。
もう一度最初から読んでますますそう思った。


 文化 = 人間の本質 × 環境
だとすると、子供の直感的行動を観察することで何か気付きがあるかもしれない。奥が深い。





スポンサーサイト
# | 2006/11/30 16:26 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。