Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 親知らずに教えてもらう
2006年10月22日 (日) 編集 |
虫歯はほとんどなかった子供時代。
高をくくっていたのがまずかった。

久し振りの歯科検診で知ったこと。
虫歯に蝕まれる、親知らずが暴れている。

親知らず。
もう母親は60代だが、親知らずというくらいだから、
昔なら親がいなくなっている平均的な世代か、
など思いを巡らしながら…。
左下、右下を相次いで抜歯した。

不思議なことに、抜歯後の左右の痛みが全く違う。
左は神経が抉られたような感覚が続く。
後から手がけた右は痒いような痛み。

今まで親知らずを抜いた後に仕事を休む人を見て、
何となく冷たい目で見ていた自分を反省した。

同じ人間でもこれほど痛みにばらつきがある。
他人の痛みは本人にしか分からない。

何に関しても、
他人には他人の世界、感覚があり、
過度に自分の価値観で偉そうに判断することがいかに恥ずかしいことか思い立った。

親がいなくても親みたいな存在だから、
親知らず。
スポンサーサイト
# | 2006/10/22 09:14 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。