Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 日食のアナロジー
2006年09月13日 (水) 編集 |
眩しい光が漆黒となる焦燥。

けれども光は確かにそこにあり、
それを遮る何かは、
いつも闇を照らしているもの。

刹那の暗礁がやがて厳かな閃光を伝える。


困難とは、
いつも自分の裏方を支えてくれている存在が、
ほんの一呼吸、
表舞台で気付きを与えてくれる瞬間。

いつも存在するのに、
夜ばかりを明るくしていると思っている月が、
ほんのひととき、
昼の太陽の前に現れ非日常を創る現象。


「天体」、「日食」の関係と「人生」、「困難」の関係の類似性。
腑に落ちると凛とする。


20060913101303.jpg


moon_05-1.gif

(国立科学博物館より)
スポンサーサイト
# | 2006/09/13 10:16 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。