Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 一秒の心
2006年06月24日 (土) 編集 |
外国株式のセールストレーダーという仕事に就いていた頃。
日本の機関投資家のトレードを世界各地の主要市場と結び価値を創る。

業務の大半は電話を使う。
トレーディングについて、エクセルファイルの確認をするのも、執行方法の相談をするのも、全て電話。
為替予約も電話。

電話のラインは2本あり、
電話が鳴る瞬間、他の仕事は全て休止。

時に両手に違うラインを持ち、ミュート機能をふんだんに使い、
2つの電話を同時に進めることもある。

忙しい、とは口にしないようにするのがポリシーだが、
一般的には、あれは、”忙しい”。

しかし、そんな状況でも一つ自分で決めていたことがあった。

会話の後、1秒間を置いて、電話を切るということ。

業務上、即効で行動することが求められるのは十分承知していたが、
お客様、たとえ社内であっても、自分とのコミュニケーションを快適に感じていただくように、そう決めてみた。

ある時、ベテラン中のベテラン、もう引退間際のお客様が、
”あなた、電話で一呼吸置いて切っているの、凄いね、凄い心遣いだよ。”
と声を掛けて下さった。

たった1秒の力は、やはり、信じて正解であった。


この価値観、共有できるビジネスパーソンと共に仕事がしたいものである。

スポンサーサイト
# | 2006/06/24 23:41 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。