Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ Life is going on
2006年06月18日 (日) 編集 |
心体気魂、しっくり来る伴侶に巡り合えるかどうか。
案外皆、巡り合っているのかもしれないし、
案外皆、巡り合いと信じこむ努力を続けて、相対する人間を創り上げていくのかもしれない。それが外からは絶望に見えていても。

1920年代、50年代、80年代。
祖母、母、子。
3人の選択はあまりにも似ている。

男の持つ本能的に卑怯なところ。
女の持つ本能的に愚昧なところ。
あまりに本質を抉るよう。
心がそわそわ騒いだが、
それでも女は凛とした生き物だと知る。

親と子の鎖からは逃れられない。
親の姿は子の生き様に強烈にプリントされる。
たとえ絶望の味を刷り込まれても。
あまりに本質を抉るよう。
心がちくちく痛んだが、
それでも子は凛と生きていくことを知る。

”ジャスミンの花開く(茉莉花開)”
20060618213542.jpg

スポンサーサイト
# | 2006/06/18 21:54 | 中国 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。