Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 窮則変、変則通、通則久。
2006年06月16日 (金) 編集 |
ああ、これが心に刺さるとは。


窮則変、変則通、通則久。
窮すれば則ち変ず、変ずれば則ち通ず、通ずれば則ち久し。
行き詰ると変化が生じ、変化は道を創り、通じた道は久しく続く。

(易経)
スポンサーサイト
# | 2006/06/16 16:20 | 中国 | Comment (2) Trackback (0) |
■ Comment
・古代の聖人
いつも、古代の聖人はどう生きていたのかを想像してみています。

多分ゆったりしてたのではないかと思います。
何でも長い目で見ることができるのは、「〆切」というものは存在してなかったからなのでしょうか~
2006/06/16(金) 21:58:08 | URL | kayui #8v29NOb2[編集]
・大人物は幹を見ていたのかも
やっぱり大人物だったからでしょう。
そして今よりも情報が少ないから、
迷いも少なかったでしょうし。
樹の枝葉ばかりに気をとられるのではなく、
幹をきちんと見つめているような。
2006/06/16(金) 22:03:26 | URL | 多々良晃弘 #-[編集]
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。