Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ シンデレラ願望
2005年10月29日 (土) 編集 |
”シンデレラ”を、玉の輿の小咄で片付けるのは勿体ない。

大方の人間には、おそらく、何か急激に、生活なり、社会的地位なりが向上すればいいという投機的願望が備わってらしい。
外的環境に希望的観測を抱く癖。

我々が幼少時に接していた、絵本の”シンデレラ”は
「辛いことがあっても真面目に誠実に暮らしていけば、必ず報われる」
というように集約されていた。

社会的な秩序、人間性の形成を、投機的な本能に結びつけた秀逸な解釈だ。

しかし、内的環境から現実的目標を狙うシンデレラもいたっていい。
「大切な人を守りたい、何かを変えたい」
という自発型シンデレラ。

アメリカの強さは、世界中から集まった”後者のシンデレラ”達の血が脈々と流れていること。
映画Cinderella Man http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=321979

痺れるような感覚を受けた。
シンデレラマンになりたい。


追記:
”ブリジットジョーンズ”のレニー・ゼルウィガーがいい味出していた。
スポンサーサイト
# | 2005/10/29 13:01 | アメリカ | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。