Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 空気を描く
2006年04月29日 (土) 編集 |
"画家はそれぞれ、それぞれの世界の空気を、それぞれの方法で描いている"

母親がかつてグラフィックデザイナーだったため、
随分とその価値観を息子にも与えてくれ、
幼少時より、何度も何度も各展覧会に連れられた。
退屈も一度や二度ではなかったが、
ともかく、十代後半になると、自ら足を運ぶようになった。

感性を際立たせて鑑賞するわけでもなく、
ただただ、作品の前に現れるのみ。
どれほどの量を浴びたかは定かではないが、
昨日足を運んだ”現代日本画の探求者「手塚雄二- 花月草星 展」”。

冒頭のの発見に、驚愕する。
漸く、気付いたひとつの真理。

空気を描く、
目に見えないものを、目に見えるかたちで表現する。

人間は、
凄すぎる。


写真:"夕霧"
20060429213605.jpg

スポンサーサイト
# | 2006/04/29 21:46 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。