Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 時間による洗礼、洗練
2005年10月27日 (木) 編集 |
同じ杜で学んだ友人が、ふと、煌き出す。
道を分けた歳月などお構いなしに、相手の歩んだ軌跡が見えてくる感覚。
不思議な再会であった。

大学の同級生が本を出版した。
こうして書物を手に取ると感無量になる。

法学部なのに国際関係に傾倒していた変わったグループ。
開発経済の授業に熱中した(現世銀エコノミストの竹内佐和子氏の講義だった)。皆で弁当を買って、芝生でゴロゴロしながら勝手なことを言い合っていた。まるで世界を変えることができるかのように。

月日の洗礼は悪くない。
ちょっとだけ、世界を変えられるような気がしてきた。

(読みやすく、かつ本質論が述べられている良書です、ぜひご一読下さい)



------<下記著者より送付された概要>------
■説明:
胡錦涛国家主席の娘も在籍していた、中国のトップビジネススクールに留学した著者が、同級生である超エリート中国人と歴史認識問題や反日感情などについて本音で語り合った1年半の記録です。著者がCEIBS(上海にあるビジネススクール)在学中に発行していた1年間限定のメールマガジンを単行本化しました。2500人以上の読者をもち、400通以上の反響のメールが届いた人気コンテンツです。2004年はサッカーのアジアカップ、2005年は反日デモなどで日中関係が注目されました。今後も、経済関係の深まりとともに注目され続けるでしょう。本書は、中国や中国人を単一的な見方で結論付けるものではなく、著者の視点で中国のビジネスエリートの姿を鮮明に描くものです。

■出版社からのコメント:
将来の中国ビジネスを動かしていく、リーダーたちの価値観を理解するのに役立つ一冊です。中国ビジネスに関わっている人、またはこれから関わろうとする人、日中関係に興味がある人に特にお勧めします。中国人との付き合いの中で起こりうる問題を解決するためのヒントがここにあります。

■著者からのコメント:
今、日本のメディアを通して知ることのできる中国は、マクロ分析や、反日的な映像が多くを占めています。中国ビジネスにおいては、今後の中国を担う人々 ――CEIBSに通うような若い中国人エリートたち――を知らずに、大局的な判断はできません。
本書は、CEIBSで親交のあった同級生についてのみ、書いたものです。彼らの言動や価値観を、すべての中国人に当てはめることはできませんが、中国のエリート層について大体のイメージをつかんでいただければ幸いです。現在、両国は微妙な関係にあります。既存メディアがつくる中国のイメージを超えて、ひとりひとりの中国人を思い描いていただくことで、皆さまの理解の助けになればと思います。

■目次:
まえがき
親愛なる同級生へ
▼本編▼
「中国のバブルは崩壊するのか」
一人っ子政策の実情
SONY大好き
レディーファースト?
チベット遥かなり
大量メールによる抗議作戦
初めてのローソン
ビジネス倫理の授業へのブーイング
中国人CEO
熱烈株式投資!
熱烈不動産!
「僕たちは日本が嫌いだ」
ほろ苦い上海蟹体験
日本の成功への複雑な思い
国家を超えて
日中大議論――日本政府へのいら立ち
本当は傷つきやすい中国人
「君たちは歴史を知っているのか」
台湾人同級生のこと
有人宇宙船「神舟」が飛んだ日
香港の光と影
上海人はなぜ嫌われるのか
熱烈就職!
海外へのあこがれ
中国人同級生とサッカー観戦――アジア杯日中戦
「もはや共産主義体制ではない」
愛国心が高まる夏
人脈という幻想
卒業
心想事成(願えばかなう)
▼番外編▼
反日デモ直後の上海で
同級生たちは反日デモをどう見ているか
あっという間に転職
エリートたちの恋愛と結婚
▼コラム▼
CEIBSのMBAプログラム
CEIBSのエグゼクティブMBAの実力
最近の日中間の出来事
エリートたちの一日
中国最大の日用品卸売市場――義烏旅行
▼資料編▼
私の上海生活マップ
資料編 留学準備からプログラム開始まで
あとがき
スポンサーサイト
# | 2005/10/27 14:29 | 中国 | Comment (0) Trackback (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。