Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 検証:極東は東西のキワの交差点 フリーダムと般若”心”経が繋がった
2012年03月04日 (日) 編集 |
”戦後は自由という価値観が強調され過ぎてきた。これは西洋化の影響によるところが大きい。”
これは本当にそうであるのか。

思索深い米国人の友人に聞いたところ、”freedomとは生まれ持った魂というエネルギーの可能性を限定されることなく、自分らしく輝くという意味合いがある”という。

これは大変衝撃的な一言であった。

我々は西洋化したと思い込んでいてもその神髄を腑に落としていなかったのかもしれない。


さらに慧眼したのはfreedomの語源はサンスクリット語”hṛdaya(フリダヤ)”に起因するという説を知ったことである。

そうであるとすれば、西にキワに到達したこの概念は、東のキワにもしっかり到達していることになる。

般若心経の”心”とは”hṛdaya”の訳語であり、心臓、肉体、精神を包括する魂のエネルギーをあらわしているという。


表層で認識している事象も、もう一歩次元を深く観ずると物凄い真実が見え隠れする。


(つのだ☆ひろ氏は魂のエネルギー全開、この感覚が人生の醍醐味の手本であるような気もする)

スポンサーサイト
# | 2012/03/04 01:03 | 日本 | Comment (1) Trackback (0) |
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。