Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 泡沫の世で大切なこと
2005年11月24日 (木) 編集 |
かつて外資系の金融機関で働いていた。アクセルを全快できる環境、大好きだった。

90年代後半、アメリカの活力は溢れんばかり。NYの街は美しすぎた。
ヨットハーバーでは投資銀行、ITの成功者達が楽しむ姿があり、オープンカフェから眺めていた。
ワールドトレードセンターに、一番いいスーツを着て、向かうは高層階。

世界の先物業界を牛耳っていた企業。グループのNo.2、関連企業のCEOを兼任するM氏に会うために。
勢いばかり有り余っていた私に、偶然、”私の弟に会うといいわ”と紹介してくれた、シアトルのアメリカ人女性。

憧れのNY、天にも届きそうなビル、大きな体格のアフリカンアメリカンのセキュリティに映画のような興奮と緊張を覚えた。
訪問先の会社と名前を告げながら、自らと全く違う世界、想像できなかった世界が現実に存在することを認識する。

何もない私に、彼は30分のアポを大幅に超える時間を割いてくれた。市場関係者しか入れない特別な取引所も案内してくれた。
VIPルームで、お前はおもしろいやつだ、世の中の情報のアービトラージってわかるか?、分かるみたいだな、
"Why don't you join us, our industry?"
と言われ、これはもう、痺れてしまった。

その後、証券会社の個人向けサービスのインターンをアメリカで経験して、金融業界に入った。
モリモリ働いた。
911の日は、NYと関連する仕事のため、本当に、当事者として、辛い思いをした。
何より、M氏のことが気になった。

何ヶ月か経った後、分かった。M氏は大丈夫だった。ほっとした。


その後、より企業に近い実業を志向し、戦略コンサルティングの仕事に従事、ついに今の会社を創業することになったのだが…。
ある日、自宅でBloomberg(金融専門情報TV)を見ていて、信じられないニュースが飛び込んできた。

M氏の所属していた巨大企業、株価暴落、多大な負債を残して倒産したのである。
会長を初めとする幹部の不正がそもそもの原因ということ。
耳を疑った。

911でも生き残ったM氏、私にインスピレーションを与えて下さった恩人のM氏、
どうか、どうか、何もありませんように。火事場を救う粋なコメントでも発言して欲しい、と夢想する。

しかし。
M氏も不正の輪に入っていたことが判明。

心が痛くて。悲しくて。
M氏の温かい笑顔と鋭い眼光。

ありがとうございました。
必ずまたお会いできると信じています。
泡沫の世で大切なことは、誠実であること。
それを心に留めながら強く強く成長したいと思います。
凡人の私に燃えるような火を付けて下さった。そのお陰で、夢を現実に変える力を知りました。
貴方への恩返しができるようになるには、泡沫の世で消えるわけにはいきません。


wtc

出所: www.restoregroundzero.org


スポンサーサイト
# | 2005/11/24 04:11 | アメリカ | Comment (0) Trackback (0) |

■ 美女の効用:中国における韓国大衆文化展開
2005年11月22日 (火) 編集 |
韓国の存在感が中国で大きく感じること、今回は文化面から記してみたい(前回は企業活動面から記してみた)。

10年前には考えられなかったのだが、今の中国は秦、唐などかつての国際国家を髣髴とさせる勢いがある。
音楽ヒットチャートには、欧米、韓国、インド、タイ…。
国籍が違う音楽が交じる。
日本からも平井賢のカバーが入っていたりする。

しかし、韓国ポップミュージック界はかなり中国に入り込んだ音楽を提供している。
韓国語でのラップ、バラードは自然に街で耳にする。
BoAもブレイクし始めているし、韓国語の歌を中国人歌手がカバーしたCD集も並んでいる。
BoAの人気投票がされているサイト、ほぼ満点に近い人気

BoA
boa

出所:sina.com


そして、映画。
今年になって、”七剣(セブンソード)”、”神話”という2本の中国映画をみたが、
驚くことに、2本とも韓国女優がヒロイン役になっている。

どちらも歴史モノで、朝鮮半島出身の美女が中国の強者のもとに囚われ、その美しさゆえに周りが心奪われる、という感じ。
武術に優れた朝鮮半島出身の戦士も活躍する。

(いろいろな論議もあるかもしれないのに)この手のストーリーで代表的な女優が中国映画に出演するということ、
韓国は中国に命運を賭けていることがよく分かる。

美女の存在感に皆圧倒される。
バランスを保ちながら、文化面での存在感を大きくしている韓国。

日本の韓流ブームも大成功しているし。。。こちらは女優よりも俳優が主体だが。

翻って日本は、アニメーションの存在感で世界を飲み込んでいるが、もう少し、俳優女優、歌手の分野での、
大衆文化展開があってもいいなと思っている。特に東アジアで。

と、記しているとき、なんとTVで小室哲也プロデュース・・・・・!のCMが。どうなることやら。


”七剣”キム・ソヨン(金素妍)
kimsoyon

出所:セブンソード公式ホームページ

”神話”キム・ヒソン(金喜善)
kimhee

出所:東方影視娯楽網
# | 2005/11/22 00:00 | 韓国 | Comment (0) Trackback (0) |

■ 中国での韓国の存在感に思うこと(企業) 
2005年11月21日 (月) 編集 |
中国に来るたびに認識するのは韓国の存在感の大きさである。
中国における
①韓国企業の進出
②韓国文化の進出
は日本のそれを遥かに凌駕しているように感じる。

今回は①韓国企業の進出について感じたことを記しておきたい。

対中投資額に関して言えば、国別データによると、2005年1-9月の契約ベースの投資額について、
日本が85億ドルなのに対し、韓国は144億ドルのデータが出ている。
昨年の直接投資実行額ベースでも韓国は日本を抜いている。
韓国は対外投資の半分以上を中国に注ぎ込んでいる事実がある。運命共同体化している。

ただし、翻って日本の強さは、欧米、東南アジアなど、多極的に深い結びつきがあることであり、こうしたマクロ的な指標だけで、韓国と比較した存在感の小ささを述べるのは危険であることと私は認識している。安易な運命共同体論を展開する気も毛頭無い。

何が日本の存在感を小さく感じさせるのか。
他の論点で。

現時点では、”日常生活で触れる製品の強さ”が関係するのではないか、という仮説を持っている。
特に、ステイタス性のあるもの。

代表例は携帯電話と自動車。
携帯電話のシェア(2003年、少し古いがそれほど大幅な変化ないもよう)は、
1位.モトローラ17.0%(ノキア)、2位.ノキア15.0%(フィンランド)、3位.サムソン10.5%(韓国)、4位.バード10.0%(中国)、5位.TCL9.7%(中国)
となっており、日本企業は9位にようやく3%程度パナソニックが入っている。

自動車シェア(2004年1-10月)は、
1位.上海VW14.1%、2.一汽車VW11.0%、3位.上海GM10.5%、4位.広州本田7.7%、5位.北京現代5.5%
となっている。ホンダが4位、天津豊田(トヨタ)は10位以内に入っていない。

そして、特に携帯電話と、自動車ともに、ハイエンド製品については韓国企業の存在感が大変強い。
高級携帯といえばサムソン、高級車といえば、ベンツやBMW、アウディの次くらいに、ヒュンダイ・ソナタ(日本ではペヨンジュンがCMしているあの車)というイメージが確実に定着しているもよう。

携帯電話に関していえば、ひょっとすると、日本企業が海外で儲けるビジネスモデルが確率されていないのかもしれない。
世界の携帯端末の主要プレイヤーは、モトローラ、ノキア、サムソン、ジーメンスであり、日本企業の名前は見当たらないので。

しかし、自動車は言わずもがな、世界最高品質を誇る産業分野のはずである。
自動車に関していえば、市場開放の際、中国政府は日本企業に最初に打診をしたが、参入を渋っていたため、筋の良い地場メーカーは、欧米、韓国メーカーの合弁先として先に売れてしまったという説があるのだが…。

もちろん、企業には企業の事情があって経営判断がなされてきたのだとは思うが、結果論からすると、
”日本は理系は一流、文系は世界水準ではない”
という思いが湧き上がってくる。遺憾ではあるが。

摩擦の多い国際関係の中で、(国家の問題はここではおいておいて)企業体が、自らの強みを美しく伝え、個人の心の琴線に触れる製品を、きちんと市場化することは、崇高な行為ではないか。

きちんと仕事をやる日本の仕事のやり方、プラス、足りない部分。この足りない部分が何か。
”情熱をもって思い・志を示して、冷静に、きちんと、論理的に事実を伝えること”なのかと思う。
せっかく、素晴らしい中身があっても、これができないと虚しい結果になる。伝わらないのだから。中長期的に明らか貧相な結果が現れる。


文系出身者のひとりとして、できることを粛々とやってみよう。中国という軸だけに限らず、毎日の行動で。

中国における韓国の存在感の強さ、その秘密は、韓国企業内の文系エリートの意識の高さに起因する。すなわち上記、”情熱をもって思い・志を示して、冷静に、きちんと、論理的に事実を伝えること”を徹底していること。
少なくとも中国市場開拓においては、これはまず間違いないだろう。


<VIPに人気のある現代”ソナタ”>
hyundaisonata


<携帯電話販売店で最も大きなブースを占めるサムソン製品>
サムソン



出所:
・対中投資額の数値:中国商務省、日中投資促進機構
・市場シェアの数値:みずほコーポレート銀行
・現代ソナタの写真:images.securedwebform.com

# | 2005/11/21 02:30 | 韓国 | Comment (0) Trackback (0) |

■ 中国にて 日本語スピーチ大会 
2005年11月17日 (木) 編集 |
美しいという気持ち、温かいという気持ち、ありがとうと言う気持ち…。国境を越えて伝えることができる。

ここ、中国湖南省のスピーチ大会に日本語教師として参加した。ひとりひとりが懸命に気持ちを伝える瞬間、その度に胸が熱くなった。

言霊という言葉がある。言葉が言葉を超える瞬間。

教えているつもりが、教わっている。
素晴らしい職に就いていると改めて思った一日だった。
# | 2005/11/17 03:36 | 中国 | Comment (0) Trackback (0) |

■ 混沌 <湯>
2005年11月14日 (月) 編集 |
湯。スープのこと。本場の豪勢な中華料理の中で、えもいわれぬ一品があった。

funanzai


土瓶蒸しといったところか。様々な出汁(ダシ)が急須に踊る、それをまるでお茶をすするようにいただく。

kaibakonfucha


極上の味わい。天にも昇る心地になる。
蓋を開ける。禁断の瞬間。
まさか、まさかの気持ちになる。

haimao


混沌から生まれる極上、それを担うのは個性的なメンバー。
組織を語るよう。

商談だったが、こういう演出には痺れてしまう。
中国の食文化の深さ、食を大切にする国民性は世界随一だと改めて知る。
# | 2005/11/14 02:07 | 中国 | Comment (0) Trackback (0) |

■ 漢字の直感
2005年11月10日 (木) 編集 |
確かに空港便利店だろうが、

benri


虎は便利なところに売っていない。普通は。

tora
# | 2005/11/10 02:43 | 中国 | Comment (3) Trackback (0) |

■ 秘密の工場発見
2005年11月09日 (水) 編集 |
とある中国の地方都市。

日本のあるホテルチェーンに中国のコストパフォーマンス高い材料を提供しようという一環。
竹の箸を作る工場。紙コップを作る工場。

市街地から車で郊外に出て、ついに到着。
驚くことに、日本企業と15年の付き合いがあるという。
そっと温めていた国際関係。

きちんと、きちんと製品を作る。
きちんと、きちんと納期を守る。
きちんと、きちんと対価を支払ってくれる。

きちんとビジネスをする日本人を尊敬しているとの総経理の談。
秘密工場、大事にしたい。


いざ工場へ
秘密基地


コップの製造
コップ工場


コップ機


竹箸の仕分け

# | 2005/11/09 18:33 | 中国 | Comment (0) Trackback (0) |

■ MOTEL168 in 上海
2005年11月07日 (月) 編集 |
深夜に上海浦東空港に。昼間はまさに喧騒の場もさすがに大人しい。
40キロ以上になる荷物をカートに積んで、いそいそと宿に向かう。

MOTEL168はツイン一室168元(2,000円)で客を受け入れてくれる。
前回、経費を抑えたいので試してみたところ、想定外に快適であったので今回も利用。

”コストパフォーマンスの高さ”では群を抜いている。
①立地のよさ
  ・繁華街(主要道路沿い)もしくは空港など主要施設に隣接
②必要十分な設備
  ・無駄のなさ
③清潔感
  ・水まわりをはじめ、中国にありがちな不快感はない
④ネット環境の完備
⑤そこそこのレベルのレストランが併設
⑥駐車場無料

上海を中心に拡大を続けているホテルチェーン。
差し詰め上海の東横インといったところか。いや、もっと観光客が多く、個人向けだが。

経営者はまず、マーケティング能力が相当高い。
そして、オペレーション能力も相当高い。
物件は不良債権化したビルをリノベーションするパターンが多いという。
また、主要道路沿いは騒がしいことから敬遠され価格が下がることを逆手に取り、さらに割安で立地を確保しているともいう。

できるな、MOTEL168。


中国地方行脚のスタートは好調。


gaikan4


gaikan3


gaikan1


heya2


heya1
# | 2005/11/07 22:26 | 中国 | Comment (0) Trackback (0) |

■ コリント人への手紙って
2005年11月05日 (土) 編集 |
この一ヶ月に3組もの結婚式に参加した。
先日は、かつてのボランティア仲間(ボランティアと私のキャラがあわないと言う人もいそうだが)。
富山県の過疎の村にパソコンを普及させるということを10年近く前にやっていた(ITリテラシーの高くない私だが)。
まあ、私は子供と遊びまわっていただけだが。

ボランティアというカタカナ表記はどうも臭う。
何か臭う。

でも、そんなことを考えているうちに、例の、神父さんのお話がはじまる。


Love is patient; love is kind and envies no one. Love is never boastful, nor conceited, nor rude;
Never selfish, not quick to take offence. Love keeps no score of wrongs….

愛は忍耐強く、愛は寛大であり、妬まない。愛は高ぶらない、誇らない。無作法 をしない。利を求めない、苛立たない、不義を喜ばない…


『新訳聖書』の「コリント人への手紙 第1」の第13章第4節から第13章第13節


そうか、何でもいいな、やりたいようにやれば、と素直に思う。
利を求めない付き合いが利を持ってくるとか、利を求めた付き合いが愛を運んだりとか、
複雑怪奇な社会現象を、その本質を見越した一文らしい。
何度も結婚式に同席してやっと自分のもととして認識できた。


ちなみに、「愛は利を求めない、苛立たない」というのは、既婚男性が家庭内で口に出してみたいが慎む警句らしい。
宴席は勝手に盛り上がった。オヤジ的盛り上がり。


# | 2005/11/05 18:43 | 日本 | Comment (0) Trackback (0) |

■ セレンディピティ 偶然と幸運
2005年11月01日 (火) 編集 |
1つ、2つ、3つ…。カットもカラットも違うダイヤがいくつも散りばめられた指輪。
ひとつひとつに大切な思い出があり、皆のお陰で自分も輝けるのだと。
貴女のまっすぐな、そして温かい性格、大好きで尊敬している(きっと貴女以外なら理解できなかったかもしれない、指輪のことも)。

姉御が結婚した。姉御といっても血縁者ではない。メンターでもあり、飲み友達でもあり、クラシックコンサートの相手だったりもした。
彼女は40歳。明るく、それでいて艶やかなオーラは誰も敵わない。
某外資系ブランドのマネジメント職に就き、笑顔は最高、麗しい装い、仕事はもちろん容赦ないプロ。携帯はしょっちゅうNY。
自慢の人。

かつて新宿で深酒したとき、偶然は必然と教えてくれたけれど。
確かにそれを体現してくれたよう。
セレンディピティ=偶然を幸運に変える感性・能力。
いくつもの出会いの中で、本物の幸せを掴んだ、最高の笑顔。

特注の指輪も大事にして欲しい。
けれども、最後のひとつの指輪、やはり輝きが格別。
その輝きは何物にも変えられない。

本当に本当に嬉しい。人生っていいものだ。

(マンハッタンのカフェ、Serendipity、気になる)

serendipity


Kate Beckinsale and John Cusack in Miramax's Serendipity - 2001
Photo: David Lee

# | 2005/11/01 02:28 | アメリカ | Comment (0) Trackback (1) |
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。