Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 器が小さくて赤面したけれど
2006年02月24日 (金) 編集 |
時折、天才に出会う。

今までで一番だと思った二つの分野の天才について。

a.思索の天才:ジャマイカ系米国人 
b.語学の天才:ジャマイカ系イギリス人

”思索の天才”に出会ったのは、アメリカ、シアトルにて。
ビールを片手に、哲学の話を面白く、深く伝えてくれた(難解なことを爽やかに伝えるのは本当に天才)。

しかし。
一つ、恥ずかしい指摘をされた。
”お前は、ジャマイカって、陽気で何も考えてないイメージだったから、余計に驚いてるんだろう”
と。

図星だった。

確かに、国民性というのは、ある。
が、それだけで個体としての人の性格を断定しながら暮らすのは、
余りにも器の小さい生き方。

恥ずかしかった。
でも、人は、触れてみないと分からない。
この頃から、国境に対する感じ方が変わってきたかもしれない。
人を育てる社会は確かに違う。
受け継いだ血は確かに違う。
けれども、違わない本質は、確かにある。
そうやって、気付いて、初めて、相手の社会への理解が生まれたりもする。

ニューヨークで、”語学の天才”に出会ったときは、
前よりも自然に尊敬の念が湧いた。
8ヶ国語を操る。
”Akihiro(私の名前)様、おはようございます”
さま、はないだろう、と思ったが、独習した日本語は、
かなり高いレベルで驚いた。
世界各国から研修を受ける仲間がいて(私はOJTが多くあまり参加できなかったが)、その天才は、本当に相手の言語で話していた。


ジャマイカへの理解、黒人への理解、外国への理解、
完璧なのは無理だけれども、
心の扉は、ずっと前よりも開くようになった。

人が通じるってことは、一瞬にして価値観が変わるような、
化学反応を起こす。
スポンサーサイト
# | 2006/02/24 00:56 | ジャマイカ | Comment (0) Trackback (0) |

■ シャイン、もうひとつのノッティングヒル
2006年02月24日 (金) 編集 |
1994年から十二年間聴き続けている曲がある。
何度も何度も聴いて、心の一部になっている。
アズワドの”シャイン”。

ジャマイカ系イギリス人。
ジャマイカはアズワドに教えてもらった国。

数年前、ヒュー・グラントが出演する映画、”ノッティングヒル”にやられて、
ロンドン出張の際、ノッティングヒルに行ってしまった(男一人でフラフラ行くヤツはまあ、ほとんどいないだろうが。恥ずかしい)。

次の日、ロンドンのジャマイカ系イギリス人女性(当時勤務していた米系投資銀行、ニューヨーク本部の研修で知己を得た俊才女性)に、
ジャマイカ系イギリス人が多い地域と聞き、
また、その歴史も少し教えてくれた。
1950年代終わりに黒人狩りがあったということも。

ずっと好きだった”シャイン”。
思い出し、また、力が湧いてきた。


When they said I'd never make it
I found strength from within
Cos it is thoro if you seek it
So you can get it if you really went so
  ・
  ・
Come on and shine, shine like a star
  ・
  ・
Spreding your light wherever you are

※ASWAD "SHINE"


お前にはできっこないって言われると
心の奥底から力が湧いてくるのが分かった
望むことってのは目の前にある
ほんとに望めば手元にくるんだ
  ・
  ・
輝け、星みたいに
  ・
  ・
どこにいても光を放て

※訳詩 多々良晃弘

aswd


RISE AND SHINE
# | 2006/02/24 00:26 | ジャマイカ | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。