Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ 走馬灯
2006年03月14日 (火) 編集 |
エビータはフアン・ペロンと出会ったから、
フアン・ペロンはエビータと出会ったから、

33歳で癌で他界したエビータも、
政権をクーデターで追い落とされたフアン・ペロンも、

その灯火が消えるとき、
安らいで、
走馬灯を眺めていたのでは。








エビータ
スポンサーサイト

■ 至高の時間に
2006年01月03日 (火) 編集 |
人として生まれてよかった、と、一枚を聴き終える度にインスピレーションを受ける。
喜怒哀楽全てを濃密に紡いだ作品。
ピアソラのバンドネオン、ミルバの歌声は各々それだけも痺れる劇薬であるのに、
当作品で見事に両者は融け合い恍惚を奏でている。
ピアソラ亡き今、この至高の時間に心から感謝、そして哀悼の気持ちを感じずにはいられない。

壮年期に愛妻とワインを片手に聴きたい、そう思わせる。



エル・タンゴ~ウィズ・ピアソラ
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。