Top | RSS | Admin
Cross-border Inspiration
心の琴線を奏でる何かが与えてくれる、信じてみたい気持ちを。超越国境的感動。

■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |

■ サラリーマン哀歌
2007年11月19日 (月) 編集 |
ああ、日曜も深夜までがんばったと、
時計の針は日付が変わりそうで、
帰宅の途で、溜息をつきそうで。

ローソンの前の角を右に曲がると、
車が通れないくらいの、
戸建て住宅の合間を一本道が通る。

車が来ないから、
視線を上にするのが、
いつもの楽しみであり。


木枯らしの吹いた今日の寒さは身に凍みるけれど、
休日を返上のやるせなさも心に凍みるけれど、
瞬く星空が、なぜか分からないくらいに美しい。


薄暗い小道の灯りが、
いっそ全て消えてくれないかと思うくらいに、
オリオン座が瞬いている。


これほど美しい世界があるのに、
ほとんど皆これに気が付かないなんて、
現代社会も発展途上だと感じながら、
便利な我が家に帰宅する。


スポンサーサイト
# | 2007/11/19 00:11 | 日本 | Comment (2) Trackback (0) |
■ Comment
昨日11時半に駅を出て、同じように人気のない小道に入って空を眺めました。

同じ夜空でしたね。

寒い中、狩人オリオンが暖かく見えました。忙しい東京の夜空もこんなに静かできれいなんだと思いました。
2007/11/19(月) 17:20:17 | URL | kayui #8v29NOb2[編集]
澄んだ空でしたね。
2007/11/19(月) 22:25:14 | URL | #-[編集]
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。